SOLEIL D'OR

SOLEIL D'OR

フレッドとソレイユドール、それは運命の物語。メゾンの歴史に刻まれた極上のイエローダイヤモンド、ソレイユドールは、最初の公開から44年後に、フレッドの遺産に戻ってきます。
ソレイユドールは、101.57カラットもの重さがある「ファンシーインテンスイエロー」カラーのダイヤモンドで、世界で最も注目に値する宝石の1つです。
1977年にアンリ・サミュエルによってソレイユドールと名付けられたダイヤモンドが放つ輝きは、リヴィエラの光を反射し、1936年のメゾン創業以降に制作された作品に影響を与えた「joie de vivre(生きる喜び)」、楽観主義、エネルギー、暖かさを体現しています。
現在、メゾンの遺産の目玉として戻ってきたソレイユドールは、2022年秋にパリで行われるフレッドの最初の回顧展に展示され、輝きを放ちます。
SOLEIL D'OR
SOLEIL D'OR