保証

保証


FREDの時計とジュエリー製品は、非常に厳格な基準を遵守してデザインされ、細心の注意を払って製造され、製造から販売に至るまで厳しい検査を受けています。

フランスの法律に基づいた販売に関しては、商法のL217-4条からL217-12条に準じた適合性の保証、ならびに民法1641条から1648条、2232条に準じた製品の欠陥に対する保証が適用されます。これらの法律に準じた保証に加えて、FREDは商品の国際保証を提供し、ご購入者各位が各国で相応の保証が受けられるよう配慮しています。


FREDの国際保証について

本保証は、世界各国のFREDブティックならびにFRED認可販売店において、FREDの時計もしくはジュエリー製品をお買い上げいただいた方にご利用いただけます。  

FREDの国際保証を受けるために必要なもの

FREDの国際保証を受けるには、FREDブティックならびにFRED認可販売店に対象となる時計もしくはジュエリー製品を預けなければなりません。この際に、必要事項がもれなく記載された製品証明書ないしは購入請求書を添付しなければなりません。この書類には、購入時の日時と署名、製品のシリーズ番号(ケーブル製品を除く)が記載されていなければなりません。

フランスでメゾンの時計もしくはジュエリー製品をご購入いただいたフランス国外居住者は、製品を購入したFREDブティックないしはFRED認可販売店に製品を委託しなければなりません。ただし、修理がお住まいの国において可能で、当該製品の輸出が法的事項を遵守して正しく行われている場合は除きます。

派生する送料、保険、包装といった費用はお客様の負担となります。

国際保証の有効期間

FREDでは、製品購入日から2年間の期間に製品に関するあらゆる欠陥を保証しています。

この2年間を超過して実施される修理や交換はすべて有償となります。

ただし、クオーツ式時計の電池交換の無償性は購入日から1年間に限られます。またこの保証によって、 ムーブメントの診断、ケースとブレスレットのクリーニング、電池の交換、ジョイントの検査(必要があればその交換)、防水性の点検もカバーされています。

購入日から1年を超過してFREDブティックないしはFRED認可販売店で行われる電池交換は有償です。

国際保証によって提供されるサービス内容

FREDの時計もしくはジュエリー製品の状態、ならびに本保証の有効性が確認されたうえで、FREDは無償で修理を行います。万が一、当該の時計あるいはジュエリーの修理が不可能な場合には交換いたします。いずれの場合も、製品をお預かりしてから相当な期間内で対処したします。

時計ないしはジュエリーの修理/交換が終了すると、製品が委託された店舗で受領できる旨が依頼者に伝えられます。

修理の場合:
-ジュエリーの場合:修理された製品の保証期間は1年です。(または、通常の2年間の保証期間が残っている場合は、期限の長いほうが適用されます)。
-時計の場合:修理された製品の保証期間は1年です。
製品が別の新製品と交換される場合、この新たな製品はFREDの2年間の国際保証の対象とされます。製品が別の新製品と交換される場合、この新たな製品はFREDの2年間の国際保証の対象とされます。

国際保証の対象外



国際保証は、下記のケースには適用されません。
- FREDの時計ないしはジュエリー製品に見られる通常の経時変化ならびに摩耗(ケーブルの色の劣化もこれに含まれます)。
- FREDの時計ないしはジュエリー製品の常軌を逸した使用(例:衝撃、落下、強い圧力を受けた場合など)。
- FREDの時計ないしはジュエリー製品の使用説明書とメンテナンスアドバイスの内容が遵守されなかった場合。メンテナンスが怠られた場合、あるいはFREDの時計ないしはジュエリー製品のメンテナンス、管理、輸送、保管が正しく行われなかった場合。
- FREDの時計ないしはジュエリー製品が紛失、盗難、その他火災などのFREDメゾンの意向に関与しない不慮の出来事にあった場合。
- FREDの時計ないしはジュエリー製品が、不認可の第三者によって、改造、介入、修理、分解を受けた場合(不認可の第三者とは、FRED店舗ならびにFRED公認の修理業者以外のものを指します)。
- FREDの時計ないしはジュエリー製品に刻印されているシリーズ番号が解読不可能であるか、劣化もしくは削除されている場合(ケーブルは除きます)。



  •  フランスの法律下で販売に適用される法的保証内容

民法典 第1641条

販売者は、販売製品に期待されている通常の使用を妨げたり、その使用が限られたりするような欠陥を有した製品に対し、購入者が事前にその旨を知らされていれば購入しなかったか、より安い価格で購入したことが考慮されるこのような欠陥に対する保証を負わなければならない。

民法典 第1648-1条  

欠陥に対する対応は、この欠陥が明らかになった時点から2年以内に購入者によって行わなければならない。

商法典 217-4条
販売者は契約に適合した製品を提供し、提供時に存在した欠陥に対応する。
また販売者は包装、組み立てや設置の指示が契約によって自身の責任とされている場合、ないしは自身の責任で行われた場合には、これらに起因した欠陥にも対応しなければならない。

商法典 217-5条
製品は、次の場合において契約に適合するものとされる。
1、同等の製品において通常期待される使用が可能である場合。すなわち、
- 製品が、見本やモデル提示の形で購入者に向けて行われた製品詳細に対応し、その詳細に該当する品質を備えている場合。
- 製品が、販売者、製造者、代理業者による広告やラベルを介して公に行われた説明を受けて、購入者が道理的に期待する品質を備えている場合。
2、製品が関係者間で同意された特色を呈し、購入者が求め、販売者が認知した特定の使用に対応する場合。


商法典 217-12条
製品に見られる欠陥に関する対応は、製品の引き渡しから2年間が経過すると失効する。

商法典 217-16条
製品の購入時ないしは修理時に認められた商業的な保証期間内において、購入者が販売者に保証対象とされている内容を要求した場合、これに要される期間として最短7日間の期間が残された保証期間に追加される。
この期間は購入者の介入要求日から、あるいは要求日よりのちに当該製品が預けられた場合はその日時からカウントされる。」